「小判型 水うちわ」をお買い上げのサービス品につきまして
水うちわをお買い上げの方に、前年も大好評だったオマケのご案内です。 当店では、「水うちわ小判型」をご購入されたお客様へ、当店セレクトの夏の風物詩をおまけでお付けしております。
※時期や在庫状況によりオマケの内容やデザインは同等品に変更されます。
当店からのサービスのご案内のまとめ
東の線香花火 長手牡丹 昔なつかしい線香花火です。関東地方では米作りが少なく紙すきが盛んだったため、ワラの代用品として紙で火薬を包んで作られました。 そのため、この長手牡丹は関東地方を中心に親しまれ、その後、スタンダードな線香花火として全国に広がっていきました。 スボ手牡丹に比べて燃焼時間が長いのが特徴です。
西の線香花火 スボ手牡丹 300年変わらない線香花火の原形です。 線香花火はワラスボの先に火薬を付け、それを香炉に立てて火をつけて遊んでいたことが、始まりだと言われています。 このスボ手牡丹は関西地方を中心に親しまれてきました。
ねずみ花火 店頭でもご販売させて頂いているのですが、小さいお子様たちから「なにこれ?」とよく質問されます。 一昔前までは、花火の定番中の定番とまで言われたねずみ花火。文献には江戸時代からあったとのことです。
手ぬぐい 綿100%の国産手ぬぐいです。頭に巻くもよし、首に巻くもよし、飾るもよしです、仕上げは昔からの仕上げ同様サイドは「切りっぱなし」の状態です。 昔はこの「切りっぱなし」の状態で、ケガをした時、下駄の緒がちぎれたときに、手ぬぐいをびりびりとやぶき応急処置をしてたそうです。※時期により手ぬぐいの柄は変更されますのでご了承くださいませ。