<雛具>本金箔 手描き 貝合せ 梅

「 本金箔 手描き貝合わせ 梅 」
雛人形
前飾り
Concept
昔ながらの手作り風合い
本物の貝に本金箔を手貼りし、その上から絵師が手描きで梅を入れます。すべての工程が手作業で作られます。
また、使われる蛤(はまぐり)は対の貝殻にしか合わない事から、夫婦円満を意味する縁起物です。
贈り物にもできるように
お雛様の前飾りとしてだけでなく、季節の飾りや、海外へのお土産、ディスプレイとしての購入も多いことから、しっかりとした桐箱でのお届けとなります。
Photo
Set Sample
※以下はセット例です。作品タイトルをタップすると、作品ページに移動します。
Notice
金箔について
湾曲した貝に金箔を貼ることから、箔皺(はくじわ)や箔斑(はくむら)があります。
手描き梅について
一つ一つ手描きすることから、全く同一の図柄にはなりません。
桐箱について
桐の成分が表面に現れますが、その成分に防虫成分があり人体やお道具などに影響はありません。
商品画像について
出来る限り現実に合わせた色になるような撮影をしておりますが、塗装色によってはディスプレイと実物で差異がある場合があります。
Details
商品名本金箔 手描き 貝合わせ 梅
製造場所静岡県
材質はまぐり、本金箔
サイズ貝の幅 約6cm前後
その他の連絡事項
販売価格 通常販売価格 12,000円(税込)
12,000円(税込)

在庫状況 残り2セットです

シーズンのご案内

作家別のお雛様をみる

飾り幅でお雛様を絞り込む

雛人形につかう装具のご案内